鉄道

鉄道システムの統合を簡素化

複雑さの減少と安全の確保

TTTechは鉄道通信システムへ新しいレベルの統合をもたらします。制御アプリケーションを1つのネットワークに統一することによって、より軽く、より単純なシステムアーキテクチャを実現することができ、ライフサイクルコストを最小限にすることが可能です。

列車の制御と管理システム(TCMS)は、制御と安全とほかの機能を、フィールドバスとイーサネットベースのネットワークによって統合しています。列車メーカーは可能であればTCMSを1つのネットワークに収束し、最適化することを模索しています。システムの複雑さを減少させれば、それだけ機材の重量や設置スペースを減らすことにつながり、さらに、信頼性を高め、認証の取得が容易になります。

TTTech のデターミニスティック・イーサネット技術を使用することにより、最適化された統合システムアーキテクチャを生成することが可能になります。ネットワークの負荷やサイバー攻撃、悪意のあるコンポーネント等に影響されることなく、クリティカルな制御やプロテクション、そのほかの機能を1つのネットワークに集約することが可能になります。

安全制御モジュールとリアルタイムシステムデザイン方式により 、ネットワークを統合することによって、TTTech のシステム設計者はSIL4に対応したフェイル・オペレーション対応のイーサネットベースのアーキテクチャを設計可能です。これは、次世代のTCMSは1つの物理的なネットワーク上に制御とセーフティ機能を統合することが可能となることを示します。

アプリケーション

  • 統合鉄道システム
  • 鉄道信号制御
  • 線路併設通信網